自然素材/木の家をローコストで提供し、耐久・耐震・メンテ・断熱・防火・遮音・環境を実現します。

長期優良住宅+移住・住みかえ支援機構

長期優良住宅とは

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のこと。

「長期優良住宅」として認められる住宅の条件

■ハード面

  • 地震で潰れない家(等級2/3)
  • 環境を考えた省エネルギーの家(等級4/4)
  • 劣化対策のなされた家(等級3/3)
  • 維持管理計画のされた家(等級3/3)

■ソフト面

  • 住宅履歴いえかるてが保存され、資産価値が継続する家
  • 将来は建物の価値が評価され融資がつく家

「長期優良住宅」の税制優遇

条件を満たし「長期優良住宅」として認定されると、住宅ローンの減税で所得税額から10年間で最大600万円の税金が控除されます。

所得税(ローン減税)

一般住宅
居住年 控除対
象限度額
控除率 控除
期間
最大
控除額
H21年 5000万円 1.0% 10年 500万円
H22年 5000万円 500万円
H23年 4000万円 400万円
H24年 3000万円 300万円
H25年 2000万円 200万円
H26年
から
H31年
4000万円※ 400万円

※4000万円の控除対象限度額は、当該住宅取得に係る消費税率が8%又は10%の場合に限って適用。消費税の経過措置により旧消費税率(5%)が適用される場合は平成26年4月以降の居住開始であっても、2000万円が控除対象限度額となる。

認定長期優良住宅
居住年 控除対
象限度額
控除率 控除
期間
最大
控除額
H21年 5000万円 1.2% 10年 600万円
H22年 5000万円 600万円
H23年 5000万円 600万円
H24年 4000万円 1.0% 400万円
H25年 3000万円 300万円
H26年
から
H31年
5000万円 500万円

※5000万円の控除対象限度額は、当該住宅取得に係る消費税率が8%又は10%の場合に限って適用。消費税の経過措置により旧消費税率(5%)が適用される場合は平成26年4月以降の居住開始であっても、3000万円が控除対象限度額となる。

登録免許税

一般住宅
1.保存登記 1.5/1000
2.移転登記 3.0/1000
3.抵当権設定登記 1.0/1000
認定長期優良住宅
1.保存登記 1.0/1000
2.移転登記 2.0/1000
3.抵当権設定登記 1.0/1000

不動産取得税

一般住宅
1200万円控除
認定長期優良住宅
1300万円控除

固定資産税

一般住宅
1〜3年目 1/2軽減
認定長期優良住宅
1〜5年目 1/2軽減

また、住宅ローンを利用せずに「長期優良住宅」を建てた人も、工事費に応じて減税を受けられる「投資型減税」が創設されました。住宅性能を強化するためにかかった費用(限度額1000万円)のうち、10%が所得税額から控除されるのです。

086-944-5515
お問い合わせ・資料請求