岡山で無垢材と漆喰で創る自然素材の家にこだわった注文住宅

コンセプト

100年先を見据えた家づくり

世界の住宅先進国に学び「本物をメンテナンスしながら長く使う」、エコハウス岡山が目指すのはそんな家づくり。

選び抜いた素材や商品によって、親から子へ、子から孫へ、代々住み継がれる住宅性能を実現し、住む人や時代の変化とともに年月を重ねて味わいを増す。

消耗品ではなく100年先、200年先にも受け継がれる『住み継ぐ家づくり』を行っています。

長く住み継ぐことができる、耐久性の高い住まい

100年以上住み続けることができる家づくりには、耐久性に優れた建材は欠かせません。耐震性を高めた構造体はもちろん、高温多湿の日本で家を長く持たせるために、最適な建材を採用。自然素材「木」の繊維からできた断熱材、「ECO ボード」もそのひとつです。高い断熱性能を実現しながら、室内外の水蒸気の移動を妨げない透湿性能によって、壁内の結露やカビの発生を防止。しかも日本の厳しい防火試験に合格した、火に対する強い性能も持ち合わせています。

  • イメージ1
    総桧4 寸角柱・耐震工法
  • イメージ1
    蓄熱する、唯一の自然素材断熱材「環境断熱ECO ボード」

家族の健康を末永く守る安全・快適に暮らせる住環境

家に住まう人たちの健康を末永く守るために、無添加の内装を採用した室内環境にもこだわっています。私たちが室内の内装材として選んだ素材のひとつが、再生紙と木片チップからつくられた「エコペーパー」です。さらに住宅先進国であるドイツの厳格な基準をクリアした天然塗料「エコペイント」を採用。安心・安全な自然素材から生まれた建材と塗料だから、人と環境にも優しいのです。その他にも、土佐和紙や漆喰などいろいろな素材をお選びいただけます。

  • イメージ1
    無添加内装
  • イメージ1
    漆喰壁

地球環境にも優しい家づくりを

エコハウス岡山が自然素材を採用するのは、住み心地の追及だけではなく「地球環境にも優しい家づくりを」という思いからです。どんなに耐久性や安全性に優れていても、いずれ廃棄する際の安全性や環境性能が確保されていなければ本当の「エコロジー性能」とは言えません。そんなとき自然素材ならば廃棄しても土に還り、仮に壊れても取り換えがききます。私たちはメンテナンス性能・エコロジー性能にすぐれた素材を標準仕様に、人と環境に優しい家づくりを目指しています。